スポンサーリンク

伊勢谷友介容疑者は大麻の禁断症状を紛らわすためタバコを常に吸っていた

スポンサーリンク

伊勢谷友介容疑者が大麻を常習的にすっているというニュースが出てきましたね。

ニュースの中では大麻の使用を紛らわすため、タバコを吸っていたということも情報が上がっています。

では、タバコを吸ったから症状が緩和するのでしょうか。大麻の禁断症状やタバコと大麻の関係を含めてみていこうと思います。

 

伊勢谷友介は大麻の禁断症状をタバコで紛らわせていた

今回、伊勢谷容疑者についてはこのような情報があります。

「伊勢谷はたばこで大麻の禁断症状をまぎらわそうとしていた可能性が高い。愛煙家だったら、たばこをしょっちゅう吸っていても周囲から怪しまれないし」(事情通)

 

銀座の黒服は「伊勢谷さんが銀座で頻繁に目撃されていたので、どこかのホステスに入れ込んでるのかと思いきや、クラブでの目撃はゼロ。シガーバーに頻繁に出入りしていたんですよ」と語る。

 

「映画の場合、インタビューを受ける日が設けられ、その日は1日で何社もの取材を受ける。それで耐えられなかったのかもしれないけど、伊勢谷さんはインタビュー中、自分が持ってきた水たばこをフツーに吸っていたんです。携帯用の水パイプで。友達ならともかく取材を受ける時に水たばこなんて普通は吸わないから、周りはドン引きでした」(映画関係者)

 

周りからも異常と思われるほど、タバコを吸っていたそしてシガーバーにも足しげく通っていたというのです。

大麻の禁断症状を紛らわすためということですが、大麻の禁断症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

大麻の禁断症状はどんなものがあるの?

大麻のこころと健康のサイトには、大麻は次のような禁断症状があると記載してます

Cannabis and Mental Health in Japanese | Royal College of Psychiatrists
Mental health webpages in Japanese provide information, not advice. Content in our Mental Health section is provided for general information only.
離脱症状—大麻常用者にみられ、次のような症状があります
渇望感
食欲低下
睡眠障害
体重減少
攻撃性・怒り
イライラ
落ち着かなさ
異様な夢

離脱症状は大麻を吸っていないと出てくる症状のことです。

伊勢谷容疑者がドSや攻撃的なのは、大麻の影響もあるのかもしれません。

そして、大麻はタバコと同様、使えば使うほど使用量が増えてくる傾向にあります。

 

タバコと大麻は一見、見分けがつかないといわれています。大麻とタバコの関係を見ていきましょう。

大麻の禁断症状はタバコと似ている?

タバコを吸うとニコチンによってストレス発散やリラックス効果があるといわれています。

反面、ニコチンが切れると、ストレスがたまったり、イライラしたり、タバコに依存するようになってしまいます。

大麻でも同様の効果があるといわれています。

海外ではタバコではなく、大麻を吸っているという人もいるほど

 

なので、タバコと大麻は原料は違うものの似ているものではないでしょうか?

 

タバコで大麻の禁断症状を抑えることはできるのか

伊勢谷容疑者はタバコで大麻の禁断症状を抑えていたということですが、実際にどうなのでしょうか?

オーストラリアの研究によると10人に7人が、大麻使用をやめようとしてタバコに切り替えるという結果があります。

 

大麻をやめるためにタバコを吸う傾向にあるので、ある程度抑えることはできるのだと思います。

 

【まとめ】伊勢谷友介容疑者は大麻の禁断症状を紛らわすためタバコを常に吸っていた

伊勢谷容疑者は芸能界の事情通はもちろんのこと、芸能人の間でも大麻を日常的に使っていると知られていました。

今後はどのようになるのか、見ていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました