スポンサーリンク

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」は使えるのか

クーラー
スポンサーリンク
げん
げん

どうも、家電好きのげん( @ken_blog55)です

だんだんと暑い季節になってきましたね。28度を超えてくるとクーラーを使えるか迷うと思います。

そして、最近では在宅ワークで仕事をしている方もいると思います。クーラーを使うと気になるのが電気代ですね。

快適に過ごしたいけど、電気代はあまりかけたくないと思っている方にはパーソナルクーラーがおすすめです。

 

パーソナルクーラーの中でも、「ここひえ」という商品を聞いたことがある人が多いと思います。実際に、ここひえは使えるのかということを他社の商品や使用した感想から比較してきます。

 

スポンサーリンク

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」は使えるか

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」は使えるか

今回、パーソナルクーラー「ここひえ」と比較するパーソナルクーラーはこちらです

商品名重量最大使用時間電気代(1時間あたり)給電方法
ショップジャパン ここひえ R2
約1.1kg9時間0.16円ACアダプター、パソコン、モバイルバッテリー
XVOOX 冷風機 三代目
800g以下7時間0.09円ACアダプター、パソコン、モバイルバッテリー
KOHINS 2020年最新版 冷風機
1.18kg6時間0.45円ACアダプター
evaCHILL 冷却・加湿・空気清浄
750g8時間0.2円ACアダプター、パソコン、モバイルバッテリー

3種類の商品と比較して実際に「ここひえ」が使えるかどうかを見ていきたいと思います。

比較する項目はこちらの3つです

スペック1 重量

スペック2 連続使用時間

スペック3 電気代

 

スペック1 パーソナルクーラーを重さで比較

パーソナルクーラーを重さで比較

はじめに比較するのは重さです。パーソナルクーラーのメリットは小型で持ち運びができることです。女性でもカンタンに移動できるのかを見ていきましょう。

 

4種類のパーソナルクーラーを軽い順に見ると次のようになります。

evaCHILL 冷却・加湿・空気清浄 750g

XVOOX 冷風機 三代目 800g以下

ショップジャパン ここひえ R2 1.1kg

KOHINS 2020年最新版 冷風機 1.18kg

このようになります。

ここひえの重さは約1.1kg。比較する4商品の中では3番めに重いパーソナルクーラーです。

では、1.1kgはどれくらいの重さでしょうか?身近なもので比較してみようと思います。

1.1kgの重さの目安

大体1kgを身近にあるもので例えると、1Lの牛乳パック1本分と同じ重さです。

似たようなもので言うならば、1Lペットボトル飲料と同じですね。

別のものでイメージできるものでいうと、工事現場にある赤いコーンです。

これも一つ1kg

上の挙げたものとほぼ同じ重さが、パーソナルクーラーの「ここひえ」です。

重量の数値で見ると重い部類に入りますが、身近にあるものと比較すると、意外と持ち運びができそうな感じがしますね。

パーソナルクーラー自体が軽いので、1kgのものでも持ち運びは可能です。

室内だけではなく、屋外のテントの中でも使えますね。

 

スペック2 パーソナルクーラーを連続使用時間で比較

パーソナルクーラーを連続使用時間で比較

次に比較するのは、連続使用時間です。1回水を入れるとどれくらい長く使えるのか、これを知っておくだけでも、便利に使えると思います。

連続使用時間の長い順に見ていきましょう。

ショップジャパン ここひえ R2 9時間

evaCHILL 冷却・加湿・空気清浄 8時間

XVOOX 冷風機 三代目 7時間

KOHINS 2020年最新版 冷風機 6時間

※風の強さを弱にした時の時間

連続使用時間を見ると一番長いのは、ここひえで9時間。一番短いものでも6時間。仕事で使うなら、ほぼ一日使うことができるので、これだけでも暑さを凌ぐことができそうです。

1日の勤務時間は、休憩を除くと8時間です。

勤務時間の間、パーソナルクーラーに給水をせずに使えるのは、ここひえとevaCHILLの2つです。

他のXVOOXとKOHINSは途中で給水の必要があります。

 

ここでの連続使用時間は、送風を弱にした時の時間なので、送風の強さを変えると早く水がなくなることがあります。

 

一晩中使ったり、勤務時間に使ったりするのは、長いほうが良いですね。

 

スペック3 パーソナルクーラーを電気代で比較

パーソナルクーラーを電気代で比較

パーソナルクーラーはクーラーよりも電気代がかからないと言われています。では実際にどれくらいの電気代がかかるのかを見てみましょう。

電気代が安い順に見てみます。

XVOOX 冷風機 三代目 0.09円

ショップジャパン ここひえ R2 0.16円

evaCHILL 冷却・加湿・空気清浄 0.2円

KOHINS 2020年最新版 冷風機 0.45円

※電気代は1時間あたりの電気代

一番電気代がかからないのは、XVOOXで0.09円、次に電気代がかからないのは、ここひえで0.16円です。実際のクーラーとどれくらい電気代が違うのでしょうか?

クーラーとパーソナルクーラーの電気代

一般的な6畳用のクーラーの電気代は、1時間あたり3.51円になります。

対するパーソナルクーラーのXVOOXは0.09円、ここひえは0.16円なので、9割以上電気代が削減されることになります

そのため、パーソナルクーラーを使うと省エネで冷やすことができます。

また、パーソナルクーラーの給電方法は複数あります

パーソナルクーラーの給電方法

パーソナルクーラーの給電方法は、

ACアダプター

モバイルバッテリー

パソコンのUSB

3つ使うことができます。

今回紹介しているパーソナルクーラーは上記の3つのどれも使うことができるので、屋内でも外出先でも使うことができる便利なものです。

 

以上3つのスペックで比較してみました。機能面からみても、ここひえは十分に使えることがわかりました。

次に実際に使っている人の感想を見てみましょう

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」の口コミ

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」の口コミ

次に、パーソナルクーラー「ここひえ」の口コミや感想を見ていこうと思います。実際に使っている人の声を見ることで、使い方のイメージや使うシーンを想像することができるので、購入する判断になります。

今回は、ここひえの良いところと、改善してほしいところを見てみましょう。

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」の良いところ

はじめに紹介するのは、ここひえを使っていて良いところです。期待通りのパーソナルクーラーなのか、それ以上なのかを見ていきましょう。

女性 20代
女性 20代

快適に作業できる

女性 20代
女性 20代

軽くて移動しやすいです。電気代がかからないのもよかったです。

女性 30代
女性 30代

コンパクトで軽く、持ち運びが出来るので、いろんな部屋に持って行けます。簡単に使いこなせます。

男性 50代
男性 50代

コンパクトで持ち運びが出来る事と静かな音とか寝る時に使用できて8時間運転する所

女性 40代
女性 40代

顔回りに冷気がきて、涼しいです。

良いところで挙げているのは

・コンパクトで持ち運びができる
・電気代がかからない
・寝るときにつけても音が気にならない
・8時間以上使える

といったところです。

軽いという情報はありましたが、音が気にならないというのは、意外な点ですね。

 

おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」の改善してほしいところ

次に、パーソナルクーラー「ここひえ」の改善してほしいところを紹介します。

使えないところを予め知っていると、使うシーンをよりイメージすることができます。

女性 20代
女性 20代

風向も変えられるようにして欲しい。局地的に当たり続けると寒い。

女性 30代
女性 30代

水が漏れてくることがあります。

女性 40代
女性 40代

水がすぐなくなる。風の範囲が狭い。

男性 50代
男性 50代

風の段階をもう少し増やして欲しいです。

女性 40代
女性 40代

首振り機能をつけてほしいです。

改善してほしいところで、上がっているものは

・風向きを変えられない
・水がすぐなくなる
・水が漏れてくることがある

といった内容です。

パーソナルクーラー「ここひえ」の機能には首振りはついていないので、同じ方向だけに風が吹きます。そうすると、同じことが当たりすぎて寒くなったり、動いたときに風が当たらなかったりしますね。

改善してほしいところを予め知っておくと、使っているイメージができますね。

 

【まとめ】おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」は使えるか

【まとめ】おすすめのパーソナルクーラー「ここひえ」は使えるか

今回は、パーソナルクーラー「ここひえ」が実際に使えるかどうかを、別の機種や使っている人の感想をみてみました。

使うシーンや使い方がイメージできたのではないでしょうか?

まだまだ暑くなるので、仕事中に足元だけ、顔だけ涼しくしたいときはパーソナルクーラーという選択肢もあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました